生活習慣病改善

●――――――●

特定健康診査

特定保健指導

特定健診・特定保健指導

生活習慣病の発症と関わりが深いメタボリックシンドロームの該当者

予備軍を見つけ、生活習慣の改善を支援するための制度です。

 

特定健診・特定保健指導の意義

メモ: 生活習慣病の予防を目的に、年度内40歳から75歳以下の年齢に達する人全員を対象に「特定健康診査
(特定健診)・特定保健指導」を実施することが、健保組合などの医療保険者に義務づけられています。
メタボリックシンドロームの該当者・予備群を見つけ生活習慣病改善のきっかけとするのが「特定健診」
そして、メタボリックシンドロームの該当者・予備群に、生活習慣改善をサポートし、健康へと導いていくのが
「特定保健指導」です。

 

対象は40歳以上の被保険者・被扶養者

 

角丸四角形: 特定健診の項目

 

 

 

● 基本的な健診項目

 □質問票(服薬歴、喫煙歴など)

 □身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)

 □理学的検査(身体診察)

 □血圧測定

 □血液検査[脂 質]中性脂肪、HDLコレステロール

          LDLコレステロール

     [血 糖]空腹時血糖またはHA1c

     [肝機能]ASTALT、γ-GT

    □尿検査(尿糖、尿蛋白)

    詳細な健診項目

● 医師が必要と判断した場合

● □心電図

● □眼底検査

● □貧血検査

角丸四角形: 特定保健指導階層化基準

 

腹 囲

@血圧

A脂質

B血糖

C喫煙歴

特定保健指導対象

最高(収縮期)血圧

130mmHg以上または最低(拡張期)血圧85mmHg以上

中性脂肪150r/dl以上または、HDLコレステロール40r/dl未満

空腹時血糖値100r以上または、HbA1c5.6%以上

喫煙ありなし

40歳〜60

65歳〜74

男性85p以上

女性90p以上

@〜Bのうち2つ以上該当

 

積極的支援

動機付け

支援

@〜Bのうち1つ該当

あり

なし

 

腹囲該当せず

BMI25以上

@〜Bすべて該当

 

積極的支援

動機付け

支援

@〜Bのうち2つ該当

あり

なし

 

@〜Bのうち1つ該当

 

 

 

                          

 

特定保健指導で生活習慣の改善ご支援します

特定健診を受けた後、生活習慣病の発症リスクによって、3段階に階層化

され、それぞれの状態に応じた健康づくりの支援が行われます。

 

 

メタボリックシンドロームの該当者・予備軍を危険因子の数で階層化

 

 

         tango-down-arrow-blue[1]

         tango-down-arrow-blue[1]

         tango-down-arrow-blue[1]

 

 

 

 

情報提供

II

受診者全員

 

 

 

 

 

 

 

動機付け支援

II

リスクが

現れはじめた人

 

 

 

 

 

 

積極的支援

II

リスクが高い人

 

 

 

 

メタボリックシンドロームに

該当しない人、および受信者

全員に、健診結果の見方や生

活習慣病についての情報を提

供します。

 

 

保健師や管理栄養士などとの

面接で個別の生活習慣改善プ

  ログラムを作成。自ら実践し、

6ヶ月経過後に効果を確認し

ます。

 

 

保健師や管理栄養士などとの

面接で個別の生活習慣改善プ

ログラムを作成。3ヶ月以上

継続してサポートを受けなが

ら実践し、6ヶ月経過後に効

果を確認します。

 

 

 

メタボで家計の負担も重くなる!?

 

  メタボの人は、そうでない人に比べて、年間の医療費が80,000120,000円も高いという厚生労働省の調査報告

 があります。生活習慣病などの慢性疾病は、長期の通院や検査を必要とします。特定健診と特定保健指導で、将来の

 家計の負担も軽くしていきましょう。

 

 

 

 

 

データーヘルス計画が始まります。 データーヘルス計画とは?

 

 

 

 

                            説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: home1.gif