本人・家族への給付

 

健康保険では、被保険者(業務外の事由による場合)とその家族(被扶養者)が
病気やケガ、 出産や死亡した場合、保険給付をうけられます。
しかし、すべての病気や治療に給付があるわけではなく、一定の制限があり
保険がきかないこともあります。

 

 

 

 

 

健康保険の給付はつぎのように大きく2つに分けられます。

 

                                                 ◎ 法律的な区分

法定給付

範囲、内容、支給要件が健康保険法で定められています。

付加給付

健康保険組合が自主的な給付として規約に定め法定給付に

プラスアルファをして支給するものです。

◎ 支給形態による区分

現物給付

病気やケガで保険証を持参して医者にかかったときに                                         うける診療、薬、治療材料など、「医療という現物」で                                            支給されるものを現物給付といいます。

現金給付

病気やケガで会社を長期にわたって休んだとき、出産したとき死亡したときなどに「現金」で一定の費用が支給されるものを現金給付といいます。